学習し始めのころは、「思うようにプログラムが動かない・・。」という悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

経験が浅いほど、プログラムが動かないことで自信をなくしてしまいがちですが、実はプログラマーとして働いているとそのようなエラーやバグといった課題に直面する連続なので、悩む必要はありません。

むしろ、プログラムが動かなくなったら自分で試行錯誤して、エラーの原因をつきとめ、解決することが大切です。

この記事では、より具体的にプログラマーという仕事は課題の連続であることや自分で原因を考える必要性を伝えていますので、是非今後プログラマーとして働いていく上でご参考にしていただければと思います。

プログラマーとしての仕事は課題の連続

プログラマーとして働いていると、何度も課題にぶつかることになります。

たとえば、「思った通りにプログラムが動かない」とか、「今まではうまく動いていたのに急に動かなくなった」、「プログラムが強制終了してしまった」といったようにプログラマーとしての仕事は課題の連続です。

これは、避けようとしても避けられないもので、経験者であろうと未経験者であろうとシステムのバグやエラーを解決しなければならないといった課題に何度も直面します。

バグやエラーはプログラミングのミスが原因のことが多いですが、サーバー関連の原因もあり、たとえば予想以上のアクセス数があったり、想定していない使い方をされたりするとバグやエラーにつながります。

よって、プログラマーとして働いていると、システムのバグやエラーに直面するということを前提に仕事を進めましょう。

自分で考え行動して課題を解決できるようになろう

プログラムのエラーやバグといった課題にぶつかっても、自分で原因を調べて考え、課題を解決できるプログラマーになりましょう。

自分で試行錯誤を繰り返して、エラーの原因をつきとめ、課題の解決につなげることで、考える力を養うのはもちろん、新しい手法、技術の発見にもつながりますし、同じミスを防ぐこともできます。

また、他で同じようなエラーが出た際にすぐに対応することができ、結果としてプログラマーとしての成長につながります。

しかし、まだプログラマーとしての経験が浅いと、どれだけ考えても解決できないことがあるはずです。

そこで、「自分で原因を調べ、考え、実際に自分で考えた解決策を実行してみても解決しなければ、わかる人に相談する」といった流れで課題を解決していきましょう。

【1日体験可】最短1か月で未経験からプログラマーへ就職できる『GEEK JOB キャンプ』
geekjob_to_gol_banner_sp_06

『GEEKJOB キャンプ』は0からプログラミングや仕事の進め方を学習でき、プログラマーとして就職するまでサポートします。

  • 短期集中型のプログラミング学習で未経験から最短1か月での就職ができる

  • わからないことはメンターにその場で質問できる

  • オフィスで働く上で必要なスキルを身に付けられる

  • 約500社の優良企業から就職先を探せる


文系出身だから、全くプログラミング経験がないから、プログラミングの学習に挫折してしまったから、といった方も関係ありません。

未経験からプログラマーを目指せる環境を用意しています。

詳しく見る

この記事に関するキーワード

この記事の内容について報告する