未経験からプログラマーを目指している方で、プログラマーの働き方をイメージできるという方は少ないのではないでしょうか。

それに伴い、現段階では自分がプログラマーになりたい本当の理由がはっきりしていないという方も多いと思います。

そこで、プログラマーの働き方や自分が本当にプログラマーになりたいのかどうかということを知るためにも、プログラマーとして働くことを一度経験してみることをおすすめします。

今回はプログラマーの仕事を疑似体験できる手段をご紹介しますので、今後プログラマーを目指して就職活動をされる方は是非ご参考にして下さい。

実際にプログラマーとして働いている人に聞いてみる

もし、あなたの知り合いにプログラマーとして働いている方がいれば、その方にまずはプログラマーの働き方についてお話を聞いてみましょう。

知り合いからの紹介、学生時代の先輩などでも構いません。実際にプログラマーとして働いている方に直接話を聞くことで、インターネットで調べるだけではわからない生の情報を聞くことができます。

プログラマーの仕事はプログラミングを書くことしかイメージつかないという方も、実際に話を聞くことでプログラマーの働き方、労働環境、求められるスキルなど一通りの情報は手に入るでしょう。

また、プログラマーとして働いている方に話を聞く際は、いくつか自身で質問を考えておくことで本当に知りたかった情報を聞くことができ、今後あなたがプログラマーとして働きたいかどうか考える判断材料につながります。

プログラマーの仕事を疑似体験してみる

最近ではプログラマーの仕事を疑似体験できる手段がいくつもありますので、是非利用してみてはいかがでしょうか。

プログラマーとして働いている方に話を聞くだけでもいいですが、実際に働いてみないと自分に本当にプログラマーという職業が適しているのかどうかを判断するのは難しいはずです。

そこで、下記の手段でプログラマーの仕事を疑似体験してみてはいかがでしょうか。

アルバイト・インターン

プログラマーとしての経験を積むという視点で考えれば、アルバイトやインターンをしてみるのもいいかと思います。

多くのIT企業ではプログラマーをアルバイトやインターンで募集をしており、中には未経験者向けの募集もあります。

実際、正社員登用制度のある会社もあるため、プログラマーになるための入り口としてアルバイトやインターンをされる方もいます。

しかし、アルバイトやインターンは正社員としての就職を保証するものではないので、あくまでも最初は体験という位置付けで利用すると良いでしょう。

 

就職支援サービス

camp

最近では、未経験者でプログラマーを目指している方向けの就職支援サービスがあります。

このようなサービスでは、プログラミングの基礎を身に付け、プログラマーに教わりながら実際に自分で期日までにシステムを開発していくというまるで開発会社でプログラマーとして働いているかのような体験ができます。

弊社が運営している『GEEK JOB プログラミングキャンプ』ではプログラマーとしての就職をゴールとしており、プログラミングももちろん教えていますが、キャンプ生全員に朝会への出席や日報作成、作業報告等を徹底しており、課題としてオリジナルのWebアプリを作成することで就職に有利な実績を作ることができます。

 

 

この記事に関するキーワード

この記事の内容について報告する