インフラエンジニアへの就職、転職を考えている方にとって、「どのくらいの年収がもらえるんだろう?」というのはすごく気になるポイントですよね。

一言でインフラエンジニアといっても、持っているスキルや年齢、どんな企業に務めているかによってに年収は様々です。

今回は、そんなインフラエンジニアの平均年収や、未経験からプログラマーへ転職した方のリアルな年収、年収アップのポイントまでお話させていただきます。

インフラエンジニアの平均年収は480万円

インフラエンジニアの平均年収はおおよそ480万円です。ただ、所属する会社や年代、キャリアによって年収には差が出ます。

年代別の年収のおおよその目安を見ていきましょう。

20代の平均年収は352万円

20代のインフラエンジニアの平均年収は352万円です。20代前半と後半では70万円以上の開きがあり、20代前半では314万円、20代後半では391万円となっています。

20代前半は新入社員やIT初心者が多く年収が低くなっていますが、知識や経験を積むことで20代後半では年収が大幅にアップしています。

国税庁の発表する「平成29年度民間給与実態統計調査」によると一般的な20代社会人の平均年収は20代で312万円となっていますので、比較すると高額になることが多いようです。

30代の平均年収は459万円

30代のインフラエンジニアの平均年収は459万円です。30代前半では429万円、30代後半では490万円となっています。

国税庁の発表する「平成29年度民間給与実態統計調査」一般的な30代社会人の平均年収は425万円となっておりますので、20代と同じく、比較すると高額になるようです。

また、30代後半になると、マネジメントのスキルを身に着けてPL(プロジェクトリーダー)などのリーダー職に就く人が増えてきます。

40代以降の平均年収は620万円

40代のインフラエンジニアの平均年収は620万円です。40代前半では550万円、40代後半では616万円となっています。

40代後半〜50代前半で年収のピークを迎え、最高年収は660万円となります。

国税庁の発表する「平成29年度民間給与実態統計調査」一般的な40代社会人の平均年収は482万円となっておりますので、全年齢通してインフラエンジニアの収入は一般的な社会人より高額な傾向です。

40代以降はPM(プロジェクトマネージャー)などの管理職に就いていることが多く、それと比べるとインフラエンジニアのままキャリアを積んでいる方は年収の上がり幅が少なくなる傾向があります。

GEEK JOBからインフラエンジニアになった方の平均年収は295万円

インフラエンジニアへの転職を考えている人にとって気になるであろう、”未経験からインフラエンジニアに転職した場合の年収“についてお話させていただきます。

弊社 [グルーヴ・ギア株式会社] では、未経験の方を対象にインフラエンジニアへの就職 / 転職の支援を行うサービス、「GEEK JOB」を運営しています。

そこで実際に未経験からインフラエンジニアになった方の初年度の年収の平均は2019年6月現在で295万円となっております。

GEEK JOBが支援した方の平均年齢が現在24.4歳となっており、その年齢の一般的な平均年収は約300万円ですので、既に社会人の方が未経験から転職した場合、同程度の給与か、やや下がってしまうことが多いようです。

完全未経験からスタートする以上、ある程度経験を積んだ社会人より低くなってしますうのは仕方ないことですが。安心してください。

さきほどのインフラエンジニアの平均年収のパートでお話したとおり、知識やスキルを身に着けて行けばどんどん年収は上がっていくので、短期間で大きく年収をアップさせることも可能です。

スキルアップの努力を怠らなければ、1、2年で元の年収を越すことも難しくないでしょう。

インフラエンジニアが年収をアップさせるための3つのポイント

「インフラエンジニアになったらどうやって年収をアップさせるんだろう?」というのはみなさんが気になることでしょう。そこで、インフラエンジニアの年収アップのための3つのポイントをご紹介します。

常にスキルアップすることを意識する

常にITトレンドを意識して、新しい技術を学んだり、今持っているスキルを更に磨いていくことがインフラエンジニアにも求められます。

例えば、最近ではクラウドサービスで「インターネットを通じて、ユーザーにサービスを提供する」ケースが増えてきていて、従来のオンプレミスというサーバーやネットワーク機器を物理的に用意し、運用するスタイルとは異なった手法が必要になってきています。

このようなトレンドの変化から、クラウドの知識がインフラエンジニアに求められて来ています。

また、プログラマーやSE(システムエンジニア)と比べると持っている資格がより評価されやすい職種でもあるので、資格取得を目指すことも有効です。企業によっては、資格取得補助が出たり、資格を取得することで月収が上乗せされたりする制度があります。

このように、常に新しい知識やスキルを吸収することが年収アップにつながります。

クラウドに関しては、下記の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

さまざまな案件に参画する

必要とされる基本的な知識やスキルは変わりませんが、案件ごとに規模や納期、必要となる知識やスキルも少しづつ異なってきます。案件が変わるたびに新しい知識やスキルを身に着けて行くことで将来のキャリアアップにつながります。

自己学習や資格の取得などももちろん大事ですが、やはり現場で身につけた知識やスキルが一番評価されます。

隣接している分野の知識も持つ

インフラエンジニアは大きくサーバーエンジニアとネットワークエンジニアの2つに分かれます。

どちらかに特化していくケースが多いですが、サーバーエンジニアならネットワーク、ネットワークエンジニアであればサーバーの最低限の知識は持つようにしましょう。

案件によってはサーバーエンジニアとネットワークエンジニアが明確に分かれていないこともあり、両方の知識を広く持っている人材が求められることもあります。

また、サーバーエンジニアであればデータベース、ネットワークエンジニアであればセキュリティなど、より深まった分野の知識を身に着けるのも有効です。

もちろん全ての知識を身に着けるのも良いでしょう。

幅広い知識を持つことで、参画できる案件や対応できる仕事の幅が広がって年収アップにつながります。

インフラエンジニアになることの3つのメリット

仕事をする上で年収ももちろん大切ですが、「仕事をすることでどんなメリットがあるのか」も大切ですよね。そこで、インフラエンジニアになることの3つのメリットを紹介します。

どこでも即戦力になれる

プログラマーやSE(システムエンジニア)は案件ごとに必要とされる知識やスキルが大きく変わってしまうことも少なくありません。

その点、インフラエンジニアではどこの現場でも必要とされる基本的な知識・スキルは大きくは変わりません。

一度身につけた知識やスキルがあれば、どんな現場や会社に行っても即戦力となれるのは大きなメリットです。

大きな仕事に関われる

オンプレミスでインフラを構築するようなプロジェクトの場合、大企業や自治体の大規模な環境構築やネットワーク構築であることが少なくありません。

通信量もサービス利用人口も、通常のwebサービスとは文字通り桁が違うこともしばしば。

もちろん開発に関わる人の数も非常に多く、数百人単位で1つのプロジェクトに取り組んでいることも。

個人では関わることの難しい、規模の大きな仕事に関われる可能性が高いのも魅力です。

インフラエンジニアは将来性の高い仕事

今の世の中、ネットワークを使わない企業はないと言えるほどにインターネットが普及しています。その傾向は増えることはあってもなくなることはありません。

ですからサーバーやネットワークを構築したり、運用・保守をするインフラエンジニアの仕事はずっとなくなることはなく、とても将来性の高い仕事ということができます。

未経験からインフラエンジニアになるには

インフラエンジニアになるのに、何か取得しておかなければいけない資格はありません。

IT業界全体で人材が不足していて、インフラエンジニアも不足しているので、未経験からでもインフラエンジニアを目指すことは十分に可能です。

しかし、いざインフラエンジニアに転職しようと思っても、

・何から初めて良いかわからない

・本当に自分に向いているのかわからない

・ブラック企業に入ってしまわないか怖い

といった不安があると思います。

そこで、GEEK JOBでは未経験からインフラエンジニアになりたいという方に向けて、インフラ技術の学習と就職の支援を完全無料で行っています。

gb_infralp

 

インフラエンジニアが実際に業務で使っている技術を、未経験の方でも安心して体験していただけます。 インフラエンジニアに興味のある方はぜひご参加ください。

・未経験からインフラエンジニアになるためにはどうすればいいのかな?
・そもそもPCの操作が苦手だけども、インフラエンジニアになるのかな?
・大学を中退しているけど、インフラエンジニアとして採用してくれるのかな?

といったことをお考えの方も、同時にキャリア相談を実施しております!

初心者からインフラエンジニアを目指しませんか?
psdgc_jisseki_small-240x162

GEEK JOBでは初心者からでもインフラ技術や仕事の進め方を学習でき、インフラエンジニアとして転職/就職できるまでサポートします。

・短期集中で初心者でも最短22日での転職/就職ができる

・IT業界の採用を熟知したメンターが就活サポート

・わからないことは現役エンジニアに質問できる

文系出身だから、パソコンが苦手だから、といった方も関係ありません。

少しでもご興味がありましたらぜひご覧ください。

詳しく見る

この記事に関するキーワード

この記事の内容について報告する