プログラマーへの就職、転職を考えている方にとって、どのくらいの年収がもらえるのかは正直すごく気になるところですよね。
一言でプログラマーといっても、持っているスキルや年齢、どんな企業に務めているかによってに年収は様々。本記事では、そんなプログラマーの平均年収から生涯賃金、プログラマーへ転職した方のリアルな年収まで一気にお話させていただきます。

プログラマーの平均年収は420万円

まずはじめに、調査方法や発表する団体によって多少のばらつきはありますが、総合すると2018年現在のプログラマーの平均年収は420万円ほどです。

国税庁が発表している「民間給与実態統計調査」によると、国民の平均年収は420万円とされています。そちらと比較すると、プログラマーの給与は社会人の平均値と同じなので、収入に関してはごく一般的なレベルです!

プログラマーとして経験を積んだ場合、上位職のSEになる方も多くいらっしゃいますので、その場合の年収は547万円と、社会人の平均よりかなり高めになります。

年齢別に見るPGの平均年収

こちらも、調査方法や発表する団体によって多少のばらつきはありますが、厚生労働省の発表する「平成28年 賃金構造基本統計調査」と、国税庁の発表する「平成28年 民間給与実態統計調査」とあわせて算出してみると以下のような金額になっています。

20代

20代のプログラマーの平均年収は347万円です。20代のうちは前半と後半でかなり年収に差があり、20代前半では306万円、後半だと390万円となっています。

新卒の方も含め、プログラミング初心者がどんどん技術を身に着けていく段階なので、年収の伸びが非常に良い時期です。

30代

30代のプログラマーの平均年収は438万円となっています。一般的な社会人の30代平均年収は418万円となっていますので、この段階では一般的な給与よりは少し高いですね。

40代以降

40代のプログラマーの平均年収は450万円となっています。一般的な社会人の40代平均年収は477万円なので、このあたりから一般的な平均年収を下回ることが多くなってくるようです。

というのも、この年代になると一般的には管理職に就く方が増えてきて平均年収もぐっと上がっていくのに対し、プログラマーが管理職に就く場合はSEやプロジェクトマネージャーといった職にキャリアアップするケースがほとんどのため、それと比べるとプログラマーのままキャリアを続ける場合は年収の上げ幅が少なくなる、というのが理由になっています。

生涯賃金

22歳から59歳までに得られる賃金を生涯賃金と想定すると、プログラマーの生涯年収は約1億9000万円ほどとなっています。こちらも、平均年収と同じく、一般的な社会人の生涯賃金と大きな差はありません。

初年度の年収は平均240万円

プログラマーの初年度の平均年収は、一般的な新卒社員と変わらず240万円となっています。

経験がものをいう技術職ではありますが、入社時点ではまだまだスキルも無いので特別高いということはありません。

未経験から転職した場合の初年度の年収は平均293万円

GEEK JOBを通してプログラマーになった人の平均年収

プログラマーへの転職を考えている人は気になる人も多いであろう、”プログラマーに転職した場合の年収“についてお話させていただきます。

弊社 [グルーヴ・ギア株式会社] では、未経験の方を対象にプログラマーへの就職 / 転職の支援を行うサービス、「GEEK JOB」を運営しており、そこで実際に未経験からプログラマーになった方の初年度の年収の平均は2018年5月現在で293万円となっております。

GEEK JOBが支援した方の平均年齢が現在24.4歳となっており、その年齢の一般的な平均年収は約304万円*1ですので、既に社会人の方が未経験から転職した場合、初年度の年収は下がってしまうことが多いようです。

ただ、20代の方の年収の話でお話したとおり、初心者がどんどん技術を身に着けていく時期は年収の伸びも非常に良いため、元の年収に追いつくことはそこまで難しくないと考えられます。

プログラマーになって得られる3つのもの

年収ももちろん大切な要素ですが、プログラマーになった場合は年収の他にも得られるものがたくさんあります。

自分自身の市場価値

プログラマーは技術職なので、そこで身につけた知識やスキルは全てあなたのものです。それはあなた自身の市場価値となり、企業を離れたりしても失うことはありません。

しかもプログラマーなどのIT技術者は人手不足のため、業界全体で引っ張りだこです。プログラマーという職種が転職が容易な職業と言われるのも理由はここにあります。

情報収集能力が身につく

プログラマーという仕事は、情報収集と切っても切れない仕事です。

自分が当たったことのない問題に直面したとき、解決方法のわからないエラーが発生した時、どうやって解決すればいいか自分で調べていく必要があります。

中には単純な検索ではわからないものがあったり、そもそもなんのせいで上手くいかないのかわからず何を調べれば良いのかもわからないなんてことも起こります。そんな中であらゆる方法を使って原因を調査し、解決していく必要があるプログラマー。

その仕事の中で身につけた情報収集や調査の能力は今後どんな時でも役に立つでしょう。

勉強ができるようになる

とはいっても、偏差値がどんどん上がるというわけではありません。

急速に発展し続けるIT業界では、新たな技術が次々に生まれていきます。今まで主流だった技術がある日使われなくなることだって起こります。

そんな中で、プログラマーは常に新しい技術を吸収し続けなければいけません。仕事はもちろん、常に勉強をして自分の知識と技術をアップデートしていく必要があるのです。

そうして自分で自分をアップデートし続けることに慣れた頃には、あなたは誰かに教えてもらうのを待つだけではなく、自分から「学ぶ」能力を身に着けているはずです。

未経験からプログラマーになるには

プログラマーになるのに、特別取得しておかなければいけない資格はありません。近年はIT業界全体でプログラマーが不足していることもあり、未経験からでもプログラマーを目指すことは十分に可能です。

しかし、いざプログラマーに転職しようと思っても、「何から初めて良いかわからない」「本当に自分に向いているのかわからない」「ブラック企業に入ってしまわないか怖い」といった不安があると思います。

そこで、GEEK JOBでは未経験からプログラマーになりたいという方に向けて、プログラミングの学習と就職の支援を完全無料で行っています。

gb_itlp

さらに、毎週火曜、水曜、土曜日には、プログラミングの体験や、個別のキャリア相談ができる時間を設けております!
本記事を読んで、プログラマーやIT業界に少しでも興味をお持ちの方はぜひ遊びに来てみてください。

button

※リンク先のページ下部に予約フォームがあります

 

この記事に関するキーワード

この記事の内容について報告する