GEEK JOBを卒業し、実際にエンジニアになった方のその後に迫る卒業生インタビュー。

今回は、GEEK JOBを卒業して営業職からエンジニアとしてゼロスピリッツで働く髙野子さんと大堀さんに登場していただきました!

今回は前後編に分けてお届け!前編では、卒業後の業務について聞いていきます!!ゼロスピ2圧縮

左から大堀さん、髙野子さん

– お二人はエンジニアになる前、何をされていたんですか?

髙野子:僕は人材派遣系の会社で内勤営業をしていました。企業さんに対して、派遣スタッフの提案をして人を動かす仕事です。

また、自分自身がお客様のところへ行くこともありました。

大堀:私はIT系の営業職です。企業向けに、業務用のサーバーやルーターといったインフラ機器を売る仕事をしていました。

商社のような形で、売ることもしていれば買い付けも行っていました。中間に立って、安く仕入れて高く売るイメージです(笑)

– お二人とも営業職出身なんですね!なぜそこからエンジニアになろうと思ったのでしょうか?

髙野子:僕の場合は、自分が色んな現場で働く中で便利なツールが沢山あって、それ自体に感動する機会が多かったというのが一つ。

それに加えて、様々な現場でエンジニアの方の一緒に働く機会があり、その人達が便利なものを作っていくのに憧れを抱いたのが理由です。

幸い学生時代にバンドのHPを見様見真似で作った経験はあり、HTMLを触るのが楽しかった記憶もあったので、あらためてエンジニアの道に進むのも楽しそうだなと考えました。

大堀:私は手に職を付けたかったというのが大きな理由です。

もともと勤めていた会社は、ある程度裁量も与えてくれるし、自由な会社で楽しいとは感じていました。

インフラ機器を扱っていたので、買い付けた機器が正常に動作するかの確認や、売ったお客様に機器の使い方を教えたりもしていました。

仕事の中でハードウェアを操作する機会が多かったのですが、機器に関することを覚えて扱えるようになるたびに、自分の可能性が広がっていく感じがしました。

営業自体も楽しかったのですが、新しい技術や需要のあるスキルをキャッチアップするなら若い今のうちしか無いのではないかと思い、エンジニアを目指すことを決めました。

– ずっとインフラ機器を触っていたとのことですが、プログラミングの経験は合ったのでしょうか?

大堀:いえ、なかったです。

プログラミングに関しては、GEEK JOBに入学する前にprogateを少し触ったくらいです(笑)

– そこからエンジニアになって、今どれくらい経つんですか?

髙野子:今だいたい2年半経たないくらいです。

大堀:私は1年と8ヶ月経ちました。

– 今はどんなお仕事をされているんですか?

大堀:今は、保険業界のシステムづくりに関わっています。

機種変更などで携帯ショップに行くと、タブレットを使って契約を進めたり各種案内をされるじゃないですか。あれの保険バージョンと考えてもらうとわかりやすいかと思います。

行程としては設計の部分メインで関わりつつ、コードを書いたりテストを実行するところもやっています。

髙野子:僕も大堀と同じく、保険の代理店向けのシステムづくりに携わっています。

業務のバランスとしては、設計、コーディング、テストがだいたい3割ずつくらいのイメージです。UI設計なども担当しています。

– お二人とも既に設計段階に関わっているんですね!すごい!ちなみに、今までいくつくらいのプロジェクトを経験されたんですか?

髙野子:僕は結構多くて、今の現場で4つめです。

大堀:私は最初にアサインされた現場が今の現場なので、もう1年半以上今の現場にいますね。

– 髙野子さんは4つの現場を経験されたと仰っていましたが、一番楽しかったのはどの現場ですか?

髙野子:今の現場が一番好きですね。

やはり、設計段階から関わってどんな風に使ってもらうか考えるのは楽しいです。

自分自身のスキルとしても、日に日に色んなことができるようになり、任せてもらえることも増えたので、やりがいもあります。

– 大堀さんはずっと今の現場とのことですが、入社してから今まではどんな流れだったんですか?

大堀:まず、入社して3ヶ月くらいは研修がありました。

それが終わった後に、OJTを受けながら既存のコードを手直しするのを1、2ヶ月。

そのころに、今の現場で設計のメンバーが足りないので設計いってみようか!という話を頂いて、入社から半年したころには設計に入っていました。

– そんなに早いタイミングで設計から入って、大変じゃなかったですか?

大堀:もちろん大変でした。覚えることはたくさんあるし、全然わからないことも多くて…ただ、現場のエンジニアも会社の人もすごく親切に教えてくれる人たちだったので、支えてもらいながらなんとか乗り切ることができました。

– あらためて、今の仕事をしていてどんな部分が楽しいと感じるのか教えていただけますか?

髙野子:プロジェクトにはチームでアサインされるので、どうしたらいいものが作れるのかチームで話し合いながら進めるのが楽しいです。

ユーザーのことを考えて設計していくのも楽しいですし、コードを書くのも楽しい。って言うと全部になっちゃうんですが…(笑)

大堀:私はコードを書くのが一番好きです。

自分の書いたコードを何度も見直して最適な形を探す。

書いては直しを繰り返しながら、無駄のないコードやバグが発生しにくいコードに洗練していくのが楽しいです。

この記事に関するキーワード

この記事の内容について報告する