SE (システムエンジニア) 、よく聞く単語ですが、実際にどんな職業なのかはっきり知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?「なんだかよくわからないけど PCに向かってて難しそう」というイメージが先行しがちなSEですが、その実態はシステム開発の旗振り役、そして意外と喋るお仕事なんです。

そんなSEがどんな仕事をしているのか 、プログラマーとは何が違うのか、そして気になる年収まで、本記事で徹底解説させていただきます。

どんなシステムを作るかを決めるのがSEの仕事

SEは、ざっくり言えばどんなシステムを作るのかを考える仕事です。詳しいお話をする前に、まずはシステムがどうやって作られていくのかを知っておきましょう。

以下の図が、一般的なシステム開発の流れになっています。

スクリーンショット 2018-04-27 11.59.07

上から下へ進んでいくことを、河の流れに例えて、詳細設計から上を上流工程、システム構築から下を下流工程と呼ぶことが多いですよ!

上記の開発の流れの図の中で、SEが担当している範囲は以下になっています。

スクリーンショット 2018-04-27 13.43.46

この色がついた部分、つまり上流工程を主に担当しているのがSEです。

お客様がどんなものを作りたいかを聞き出すところから、どうやって作るかまでを考え、そして出来上がったものが実際に設計した通りになっているかのテストもSEが行うことが多いです。

家づくりに例えるなら、家を建てたい!と考えている人に対して、どんな家に住みたいかを聞き出して、どんな機能が必要なのかを考え、設計図にするまでが仕事ということですね!もちろん、出来上がった家が設計図通りにできているかもチェックします。

プログラマーとの違いはここ!

SEの仕事内容について考えるとき、多くの方が「プログラマーとSEって何が違うの?」という疑問が浮かぶと思います。

ここまで読んでいただいたあなたならもうわかっているかもしれませんが、プログラマーの業務範囲は、上記の図でいうシステム構築、実装、運用の部分になります。

SEが作った設計図をもとに、実際にシステムを組み上げていくのがプログラマー、つまり家づくりで言う大工さんの担当範囲ですね!まさに技術職といった感じです。

SEに求められる能力

プログラミングの概要を理解できる

上記で説明した通り、SEが直接プログラミング言語を使ってプログラミングを行うことは多くありません。しかし、どのように作っていくかを考えなければいけない以上、無茶な納期を設定しないためにも開発に関わるプログラミングの知識は必要不可欠です。

わかりやすい説明や交渉ができる

クライアント(お客様)は、システムの仕組みや技術に関して知らないことがほとんどです。SEはそんなクライアントに対して、作るシステムをわかりやすく説明し、さらに納期の交渉なども行なっています。それに加えて開発を行うメンバーへの指示など、人との折衝が多くなるSEの仕事では、高いコミュニケーションの能力も求められます。

現状把握やスケジュールの調整ができる

先ほど述べた通り、プログラマーを含めた開発チームの能力や、割ける人員を把握した上で、納期やスケジュールを調整するのもSEです。ここではクライアントとのコミュニケーション能力も求められますが、どこまでできるか、いつまでにできるかを正確に把握し、調整していく能力が必要なため、制作進行などマネジメント業務の経験者は歓迎される傾向があります。

こんな人はSEに向いています

相手のニーズに応えるのが好きな人

クライアントが求めているものを把握し、システムを使ってどのように解決させていくかをクライアントと一緒に考えるSEはどんなシステムを作るのがクライアントにとって最適なのかを、何度も話し合い一緒に考えます。

自分の知識ももちろん大切ですが、相手の要望を正確に汲み取る力が何よりも重要になってきますので、接客業の経験者など、相手のニーズを把握するのが得意な人には非常に向いている仕事です。

チームを組み立てたり作戦を立てるのが好きな人

SEの仕事のほとんどは手を動かすのではなく「考える」仕事です。

クライアントにとって最適なシステムを、自分の持つ知識をフル活用して考えるのはもちろん、開発チームの技術力や使える人数、どのくらいの時間とお金がかかるのか、どのような設計書を作れば開発がスムーズに進むか等、様々な要素を複合して考える必要があります。

大変に聞こえるかもしれませんが、自分で考える範囲がとても広いので、ゲームやスポーツなどにおいて「チームづくり」や「作戦を考える」部分が好きな人にはとても向いている職業と言えます。

新しい知識を得るのが好きな人

SEに限らずIT業界は次々に新しい技術が生まれる業界です。

そんな業界に置いて行かれないためにも、常にアンテナを張り、最新技術やツールに精通している必要があります。逆に言えば、新しい物好きの人には非常に向いています。

気になるSEの年収と労働環境

SEの平均年収は547万円

ずばり、全年齢を合わせた平均額は547万円となっております。全職種の平均は454万円ですので、社会人の中では高額な部類に入ります。年齢別で言うと、20代の平均年収が358万円、30代で403万円と上がっていき、ピークを迎える50代で796万円となっています。

また、経験年数に加え、資格取得など技術の習得によって年収が上がりやすいのも一つの特徴です。

近頃のSEの労働環境

ひと昔前は、「IT土方」などと呼ばれ、薄給、長時間労働が当たり前のようなイメージが強かったSEですが、現在は人材の確保や、社会全体の働き方改革など、さまざまな要因が重なって労働環境は非常に良くなっており、上述の通り給与もよく、年間休日日数も120日以上というところがほとんどです。

納期が発生する職種ですので、納期の直前などはどうしても残業が発生しがちですが、月の残業時間の規制や振替休日の取得を義務付けることで、労働環境の改善が進められています。

また、SEに対してリモート勤務を導入する企業も増えており、様々な働き方に対応できるのも特徴です。

未経験からSEになるには

SEになるために、必ず取得しなければならない資格などは特にありませんので、人材が不足している職種ということもあり、未経験からでもSEを目指すことはできます!

しかし、いきなりSEの募集に応募してもなかなか採用には至らないケースがほとんどです。しかも、どの企業に応募すればいいかもなかなかわからないですよね。

我々GEEK JOBでは、そんな方々へ向けて、未経験からエンジニアへの就職、転職を支援しています。

gb_itlp

さらに、毎週火曜、水曜、土曜日には、プログラミングの体験や、個別のキャリア相談ができる時間を設けております!
エンジニアやIT業界に少しでも興味をお持ちの方はぜひ遊びに来てみてください。

button

※リンク先のページ下部に予約フォームがあります

 

初心者からITエンジニアを目指しませんか?
gb_itlp

GEEK JOBではITエンジニアに必要なスキルや仕事の進め方を学習でき、初心者からでもITエンジニアとして転職/就職できるまでサポートします。

・短期集中で初心者でも最短22日での転職/就職ができる

・IT業界の採用を熟知したメンターが就活サポート

・わからないことは現役エンジニアに質問できる

文系出身だから、パソコンが苦手だから、といった方も関係ありません。

少しでもご興味がありましたらぜひご覧ください。

詳しく見る

この記事に関するキーワード

この記事の内容について報告する