GEEK JOBでエンジニアを目指すみなさんへインタビューを行っていく【受講生インタビュー】のコーナー。
今回は公務員からエンジニアを目指してGEEK JOBに参加された山本さんへインタビューを行いました!

仕事として自分に何が向いているのかを考えてエンジニアに行き着いた

IMG_9039

– まず最初に山本さんのキャンプに来る前の経歴を教えていただけますか?

公務員専門学校を卒業した後、市役所の観光課に勤めていました。
観光が好きで高校3年生のときに大きなお祭りにボランティアとして参加して、運営する側として魅力を伝えたり貢献したいと思った事がきっかけでした。
とはいえ、実際に働いていたのは4か月くらいでしたが…

– そうだったんですね。例えば環境変えるだけで仕事内容変えないという選択肢もあったと思うのですが、なぜエンジニアになろうと思ったんですか?

転職しようと思った時には、他の市役所を受けてみようとも考えました。
ただ、自分が何をやりたいか考えた時に、観光の分野を極めたかっただけだったんだなということに気づきました。
もし仕事として観光をやったとしてもずっと市役所にいられるわけではないので、別の部署に行った時に、
やりがいを持って続けられるのか考えたら続けられると思わなかったので別の業界も見てみようと思いました。

父が元々プログラマーやっててそこからSEになったんですが、母と仕事の話をした時に、『もしかしたらエンジニアの方があってるかもしれないよ』と母親から言われたことをきっかけに、エンジニアという仕事に興味を持って色々ネットで調べました。

– 実はエンジニアという職業が身近にあったんですね…!お母様はどんなところがあってるとおっしゃっていたのでしょうか。

父と私の学生の頃の得意科目が似ていたり、プログラミングやってると絶対詰まることがあると思うのですが、そのときに自分の頭の中にあるあらゆるパターンを考えて、解けた時が1番楽しいと話していたことがあったみたいでそういった考えは私にもあるなと思ったようなんです。

progateで実際にプログラミングを触ってみたり、色んなプログラミングスクール調べて、GEEK JOBに行き着きました。
無料体験やってるから行ってみようかなと最初は気軽な気持ちでしたね。

 

積極的にコミュニケーションをとって自分が変わることで自信がついた

IMG_9041

– GEEK JOBに参加しようと思った決め手は何ですか?

他スクールも見たんですが、首都圏に住んでいないと通えないとか、転職活動の斡旋はしてないただ学ぶだけのところだったり、有料だったり、条件が合わないなと思っていました。
GEEK JOBは無料でプログラミングを学べて転職も斡旋してくれる点が良かったです。

栃木県に住んでるんですが、片道3時間で3ヶ月ぐらい通うと考えたときに、無料じゃないと交通費だけで費用がかかって無理だと思いました。とはいえ、無料なのが少し不安なところもあったんですが、無料体験会でのキャリア相談でマスコットキャラクターみたいなメンターさんがいて(笑)、こういう人なら自分のキャリアを安心して任せられるなと思えたので、決めました。

– どのくらいの期間利用されましたか?

7/31の入学から内定をとったのは9月の終わりだったので、2ヶ月ぐらいでしょうか?ただ、12月入社で内定をいただいていたので、実際に就職するまではとことん使わせてもらいました(笑)

– いいペースで就職先を決めましたね!参加したてで大変だったことは何かありますか?

大変だったことっていうのはあまり思いつかないのですが、入学当初は物凄い不安だったんです。自分は19歳でしたが、周りは26歳ぐらいの方が多かったですし、キャンプって黙々とやってる人多いなってイメージだったんです。
ただ、友達を作らずに1人で黙々とやるのは辛いなって思ったんですね。
早期離職ということもあり、もう後がなかったんで辞めるつもりはなかったんですが、このまま続けるなら友達いっぱい作りたいって思いがすごく強かったんですよ。

こんなことを考えてたのに、最初は不安だなんて自分はコミュニケーション能力無いなって思ってたんです。
そこで自信をつけてくれたのが転職メンターでしたね。
最初に話した時に凄いコミュニケーション能力が高いことを評価してくれたことがが自信につながって、
一緒に入校した人とかと一緒に集団面接受けた人と積極的にコミュニケーションをとるようにしました。
そうやってコミュニケーションをとって友達作ったことによって、不安とか辛いこととかはなかったです。

– いいですね。ほんとに就職できるのかなとか新しいコミュニティーって、やっぱり緊張したり、不安になることが多いと思うのですが、話してみるとみんな同じような気持ちを持ってるんだなと分かって凄く安心しますよね。

そうですね。周りが変えてくれるんじゃなく自分が変えなきゃって思うことが大切だと思いましたね。

学習も就職もメンターのサポートに助けられた

IMG_9016

– 入って3週間ぐらいすると面接が始まってくると思うのですが、その頃はどんな心境でしたか?

職務経歴書や履歴書、面接対策などはすでに専門学校のときに対策したので変えた方が良い所は無かったんですが、未成年だというのと早期離職という点が足を引っ張って、書類選考は全然通らなかったですね。そこが1番辛かったです。
中々面接組めなくて、50社書類送って、2社しか通らなかったなんてこともありましたね。

– その中でどうやってモチベーションを保ったり、状況を良くしようと自分で動いたことなどありますか?

そこに関しては、過去は変えられないから仕方ないなって思うしかなかったです。書類が通ってくれた企業の中から、自分に合う企業を見つけるしかないなって思ってました。
自分で動いた部分で言うと、集団面接になった場合は周りと差別化して、内定を勝ち取っていくという風に考えてました。
今回内定を頂いた企業も最初は集団面接だったので、自分で動いたことがプラスに働いたのだと思います。

– 具体的にはどんな対策を取っていましたか?

GEEK JOBのカリキュラム以外で自分の成果物つくろうと意識的に行動しました。
周りと違うことをやった方が目立つなって思ったので、例えば簡単な電卓の機能作ろうとチャレンジしてみたり、ほかの言語を学んでみようと思ってprogateを触って見たりしました。

将来的にプロジェクトマネージャーになりたいなと思っているんですが、抽象的に考えていてもダメだなと思って具体的に話せるように、職種研究をしたりして、将来のことはよく考えましたね。

– 色々な努力を経て、最終的に内定をもらえたときはどんな心境でしたか。

単純に嬉しかったですね。最終的に内定は2社貰うことができました。案外、大変だったことは2社のどっちの内定を承諾するか迷ったことですね。(笑)

担当だけでなくキャンプにいる他の転職メンターにもすごく相談しました。実際に入社した卒業生を担当していたメンターにも意見を聞けるのはありがたかったですね。

– 就活での苦労もありますが、そもそも片道3時間通学という物理的な大変さは、どうやってモチベーションを保ってましたか?続ける秘訣を教えてください。

やっぱりコミュニティを作るっていうのが凄い大切で、友達がいたからこそ続けられたんじゃないかと思いますね。

– なるほど〜!横の繋がりができているのはこちらも嬉しいです!担当の転職メンターは具体的にどんなサポートをしてくれていましたか?

自信をつけさせるのがうまいなと思ってました。例えば面接で自分自身が自信無くても、私以上に成功できるという自信を持ってくださっているのはありがたかったです。

それがきっかけでキャンプでも積極的にコミュニケーション取れるようになったのでよかったですね。

– 逆にもうちょっとフォローして欲しかった所はありますか?

無いです!(笑)

– 即答(笑)ありがとうございます。プログラミングメンターのサポートはどうでしたか?

課題をやってて分からないときに全部教えてくれるのではなくて、第一歩を踏み出すためのヒントを一つだけ教えて教えてくれるやり方で、そのやり方が僕には合ってました。
この考え方は社会に出てから先輩上司のやりとりと似てるのではないのかと思うので社会に出てからも役立つと思いますね。

 

自分の目指す将来を見据えてできることをひとつずつ

IMG_9032

– 入社したらまず何をやりたいですか?

まずは、仕事に慣れる事が重要だと思っています。慣れた後には別部署にも関われるようになりたいですね。

目標としているプロジェクトマネージャーになるべく、後輩ができたら教えたり、小さい案件にプロジェクトマネージャーとして関われるよう積極的に手を挙げていきたいです。

– プロジェクトマネージャーになるには技術面だけではない部分も求められるかと思うのですが、そのために今やっていることやこれから努力しようとしてることはありますか?

そうですね。コミュニケーションの面では、やっぱりキャンプ卒業生たちとの付き合いは継続して行きたいと思ってますね。同じ視点で話せると思うので、そこは凄い重要だなって思ってます。
技術的な面では資格をとるなど就職しても変わらず努力していきたい部分ですね。開発だけでなくインフラも学んでいきたいです。

– 今後入ってくる方へアドバイスをください!

私の場合、重点的にやってたのが資格取得だったんですが、あまりにも重点的にやりすぎてカリキュラムをやるのがちょっと遅れてしまうっていうのがあったんですよ。
でも面接で資格の知識を披露するよりも成果物の話をした方が受けが良いですし、カリキュラムが遅れるのはやっぱりよくないと思います。

なので、これから入ってくる人たちは資格より、カリキュラム以外で成果物を自作で作ってみるのがおすすめですね。
あとは友達を作る!!

– 分かりました!今日はありがとうございました!

ありがとうございました!

初心者からITエンジニアを目指しませんか?
gb_itlp

GEEK JOBではITエンジニアに必要なスキルや仕事の進め方を学習でき、初心者からでもITエンジニアとして転職/就職できるまでサポートします。

・短期集中で初心者でも最短22日での転職/就職ができる

・IT業界の採用を熟知したメンターが就活サポート

・わからないことは現役エンジニアに質問できる

文系出身だから、パソコンが苦手だから、といった方も関係ありません。

少しでもご興味がありましたらぜひご覧ください。

詳しく見る

この記事に関するキーワード

この記事の内容について報告する