ゲームやWebサービスが好きでプログラマーを目指そうと考えている人は多いかと思います。

ただ、「どうやったらプログラマーになれるの?」「未経験でもプログラマーになれるの?」と悩んでしまう方も多いはずです。

特に「プログラマーはハードルが高い」と思い込んでいる人もいますがそんなことはありません。

実際には、文系出身でもプログラマーとして働いている方もいれば、未経験からプログラマーに転職した方もいます。

そこで今回は、IT企業の採用担当として仕事をしていた私が、プログラマーになるための入り口についてお話しさせていただきます。

少々厳しいこともお話ししますが、現実を受け止めなければ前には進めないので、その点はご了承ください。

この記事をきっかけに、将来なりたいプログラマー像を思い描いていただき、多くの方が活躍してくれることを楽しみにしています。

間口は広いが相応の覚悟と努力が必要

事前に断っておきますが、未経験からプログラマーとして働くには、新卒採用枠でない限り相応の覚悟と努力が必要です。

プログラマーというものは、一般的な職より専門的な知識と技術が求められるため「なんとなくかっこよさそうだから」という思いでは、未経験からの転職は難しいでしょう。

また、手とり足とり研修を行ってくれる企業も多くないので、自身で積極的に学習していく姿勢も求められます。

また勘違いしている方も多いですが、プログラマーとしての技術だけあればいいわけではなく、当然チームとして、会社の一員として働くために必要なスキル(コミュニケーション、仕事の進め方等)も大いに求められます。

どのようにすれば採用担当に「プログラマーになりたい」という覚悟と想いを伝えられるかは後日記述させていただきますので、今回はプログラマーになるにはどのような働き方があるのかを理解していただき、自分のなりたいプログラマー像を見つけていただければ幸いです。

プログラマーになるための4つの入り口

プログラマーとして働くためには、大きく分けて下記の4つの入り口があります。

  • 新卒採用枠で入社する
  • 第二新卒採用枠で入社する
  • 中途採用枠で入社する
  • アルバイト/インターンとして入社する

ここでは一旦、「プログラマーになる = 正社員プログラマーとしてはたらく」と定義して話を進めさせていただきます。入社することをゴールとして捉えてはいないことをご了承ください。

フリーランスエンジニアとして働く方法や、自らWebサービスを作ってしまう、という方法もありますが、今回はプログラミング未経験の人が持っている「どうやったらプログラマーとして働けるの?」という疑問に対する回答とします。

※新卒/既卒採用枠や第二新卒採用枠での入社を考えている方は『GEEK JOB プログラミングキャンプ』であれば、メンターの指導のもとプログラミングを学びながら就職までのサポートを受けることができますので、一度ご相談ください。

新卒/既卒採用枠で入社する

未経験者採用可能性 ★★★★★

プログラミング未経験でも入社しやすい

プログラミング未経験の場合、4つの中では新卒/既卒採用枠での入社が一番プログラマーとして入社しやすいです。

なぜなら、そもそも多くの企業は新卒社員を即戦力とみていることがほとんどなく、1年後~3年後あたりに一人前になってくれることを期待しているため、プログラミング経験を重視しない企業が少なくありません。

数十名単位で新卒採用を行っている企業であれば、まとめて研修を行うことができるので、手厚い研修となることも多いです。

自身の意向に合わせて入社する企業を見定めることができれば、プログラマー人生をスタートさせるには十分な場かと思います。

圧倒的に高い競争率

ただし、人気企業やある程度有名な企業となると、応募者数が何千何万に対して枠は数十数百と限られているため、競争率が中途採用と比べて圧倒的に高くなります。

学生時代にプログラミングの知識や技術を身に付けている人や、自身でWebサービスを作ってしまっている人もライバルとなってくることを強く意識してください。

第二新卒採用枠で入社する

未経験者採用可能性 ★★★★☆

第二新卒採用を実施している企業は少ないが比較的入社はしやすい

第二新卒採用枠も新卒採用枠と基本的には同じく、1年後~3年後あたりに一人前になってくれることを期待しているため、未経験からの入社も中途採用に比べれば比較的容易です。

しかしながら、第二新卒枠での採用を行っている企業がまだ少ないというのが実情です。

ナビサイトを利用して第二新卒枠を設けている企業には積極的にアプローチしましょう。

マイナスからのスタートであることは覚悟する

正直なところ採用担当は、「第二新卒者は何かわけありで転職活動しているのだろう」と考えている場合が多いです。

まだ年齢が若く、プログラマー未経験者でも教育のしがいがあるとは思いつつも「本当にプログラマーとして仕事続ける気あるの?」と思っています。

面接では、そのマイナス面をどうやってプラスにもっていくかを常に意識しいなければ、内定をつかみ取ることは難しいでしょう。

「覚悟」と「努力」を採用担当に伝える

マイナスでのスタートを越ていくために必要なものは、面接時などでプログラマーになりたいという「覚悟」と「努力」を見せることです。

「覚悟」や「努力」を見せるためには、何か一つアプリでもシステムでも作って見せるのが手っ取り早いです。

「本を読んでいます」や「セミナーに参加しました」といったレベルは、そんなに覚悟がない人でもできてしまうので、ほとんどの採用担当が「そうですか。。」と終わってしまいます。

具体的にどのようにして「覚悟」と「努力」を見せるのかは、後日書かせていただきますのでしばしお待ちを。

中途採用枠で入社する

未経験者採用可能性 ★★☆☆☆

最も厳しい中途採用枠

多くの企業の中途採用枠では「即戦力」を求めているため、プログラマー未経験者の場合、中途採用枠での入社は最も厳しいでしょう。

即戦力というものはすなわち「早速だけど、これお願いできるかな?」とか言われてしまうレベルなので、生半可な「覚悟」と「努力」では、不採用の通知を多く受け取ってしまうことになります。

中途採用における「未経験歓迎」を鵜呑みにしない

中途採用で「プログラミング未経験者歓迎」としている企業は少なくありませんが、単純に未経験者を採用しているわけではないのでしっかりと考えなければなりません。

なぜなら採用担当は、投資対効果を考えて採用を行っているため、「あなたを採用することは将来的にどのような利益を会社にもたらすか」を見ています。

会社にもたらす利益としては、技術的なことでもあれば、リーダーとしての立ち振る舞いができる等、一概には言えませんが、必ずと言っていいほどあなた自身がもたらす利益を見ているでしょう。

採用要件に「未経験者歓迎」と記載されていても、鵜呑みにしないようにしましょう。

「人間力」と「覚悟」が内定のカギ

中途採用枠での入社が厳しいと伝えましたが、「厳しい」だけであって「無理」ではありません。

当社でもそうですが、他社の採用担当から伺った話を聞いても、中途採用で未経験者を採用した実績は少なくありません。

重要なのは「人間力」と「覚悟」です。

「人間力」については、今まであなたが仕事をする上で培ってきたものを伝えましょう。

プログラマー以外の仕事だからと言って関係なく、どんな思いで仕事を進めていたのか?信念は?等、自身の経験からの考えを伝えましょう。

大事なのは「本音」であることです。うわべの話は採用担当にはすぐ見透かされてしまうので必要ありません。

「覚悟」については、年齢もかんがみると相応のものが必要になってきます。

  • 今現在の年齢で、これからプログラマーとして一から歩んでいく覚悟はありますか
  • 新たな環境で学び、吸収していく覚悟はありますか

 

上記について自身で一度考え、答えを導きだしてみてください。

それでもプログラマーになりたいという考えが変わらないのであれば、ぜひ挑戦してみましょう。

採用担当に自身の「やる気」を見せる方法はたくさんありますので、後日記事にてご紹介させていただきます。

アルバイト/インターンとして入社する

未経験者採用可能性 ★★★☆☆

アルバイトもしくはインターンとして実務経験が積める

アルバイトもしくはインターンとして入社し、実際の業務に携わりつつ正社員を目指す方法です。

アルバイトであれば、企業側としても「いい人だったら正社員にしよう」というスタンスのため入社はしやすいかと思います。

働く側としても、実際の業務に携わることができるので実務経験を積むことができます。

実は、採用側からすると実務経験があると「おっ!」となります。

なぜなら独学でプログラミングを学んできた人と、ある程度会社の仕事をチーム内でやっていた人では、技術や業務での立ち回りに「天と地」ほどの差があるからです。

アルバイトもしくはインターンで仕事ができるということは、未経験プログラマーとして就職するには有利になる可能性が高いと考えておきましょう。

正規雇用者ではないので注意が必要

プログラマー未経験者でもアルバイト採用を行っている企業は多くあるので、アルバイトとして入社しプログラマーとして働くことはできますが、少し注意が必要です。

ただ、アルバイトもしくはインターンから正社員を目指す場合は下記に注意しなければなりません。

  • 正規雇用者ではないこと
  • 確実に正社員になれるかどうははわからないこと

 

正規雇用者ではないため、突然契約を切られてしまうこともある、ということを考えておかなければなりません。

また、いくら面接で「アルバイトから正社員になれるよ」と言われていても、会社の方針や状況によっては正社員になれない可能性がでてくることも稀ではないので心得ておきましょう。

まとめ

どの規模の会社で働くか、どのようなスタイルで働くかも説明しておきたいところですが、プログラミング未経験である以上、選択肢は狭く選んでいる余裕はない、と考えていたほうがいいでしょう。

プログラミング経験がないあなたの「人間力」や「覚悟」を買ってくれて内定を頂ける企業があり、かつ信用できそうであれば一度身を委ねてみてはいかがでしょうか。

【1日体験可】0から学んで就職!本気でプログラマーを目指す人が通う「GEEK JOBキャンプ」
geekjob_to_gol_banner_sp_06

『GEEK JOB キャンプ』は0からプログラミングや仕事の進め方を学習でき、プログラマーとして就職するまでサポートします。

  • 挫折しやすい点もメンターがサポート

  • 一人で考え、学ぶ習慣を作る環境

  • 約500社の優良企業から就職先を探せる


文系出身だから、全くプログラミング経験がないから、プログラミングの学習に挫折してしまったから、といった方も関係ありません。

未経験からプログラマーを目指せる環境を用意しています。

詳しく見る

この記事の内容について報告する