GEEK JOBでエンジニアを目指すみなさんへインタビューを行っていく【受講生インタビュー】のコーナー。
今回は携帯販売接客を4ヶ月で退職し、エンジニアを目指してGEEK JOBに参加された今井さんへインタビューを行いました!

一念発起して新しい業界へ飛び込んだ

- キャンプに来る前は何をされていましたか?

新卒で携帯販売の会社に入社して、カウンターで接客をしていました。アルバイトで接客経験があったので、その経験が生かせる仕事なのかなと思ったことがきっかけでした。とはいえ、実際に働いていたのはすごく短くて、4ヶ月ぐらいでした。

– そこからどうしてエンジニアを目指そうと思ったんですか?

携帯販売の仕事に携わっていく中で、裏で電波の仕組みであったり、基地局であったり、光回線の学習をすることがあって、その時に接客に入っているより裏で勉強していることが楽しかったんですよね。

– なるほど〜そこから価値観がガラッと変わったんですね。

そうですね。通信業界の内側を知る機会ができてしまったのが自分にはきっかけになりました。
そして接客のやりがいはもちろんあるんですが、自分が仕事をしていく中でスキルが身につかなくて、10年後同じ仕事をしてると転職はできなくなってるのではないかという不安もありましたね。

– とはいえ4か月だったら早期離職という扱いになることに悩みはなかったんですか?

結構悩みましたね。ただし、若いうちでないと覚えられないことがたくさんあると思ったので、新しい業界に飛び込んだ方がよいと思ったので一念発起しました。

転職のことを考えてとにかく早く始めるところを探した

IMG_1481-2

– 本気でエンジニアの方に進みたいって思った時に何から始めましたか?

周りにIT系の方がいなかったので、ネットで調べました。転職支援サービスを使っていたのですが、パソコンを使った経験も少なかったのでどうしようかと思っている時に、GEEK JOBを見つけて、体験会に行きました。
調べていても専門用語が多くて、IT業界が実際に何をするのかわからなかったですし、求人票をみても、ネットーワーク基地局とか、サーバーがどうとか調べれば確かに出てくるのですが、具体的にイメージしづらかったです。

– GEEK JOB以外のスクールも最近では多数ありますが、他も見られましたか?

はい。それでも他のところだと入学まで1ヶ月程度待つことになると聞いて、仕事を辞めてから時間が経ってしまうと転職が不利になってしまうかなと思いました。転職のことを考えて、スピードを重視したいなと思って、GEEK JOBに入りました。

– どのあたりが気に入って、入ろうと思えましたか?

学習する場所の雰囲気がフラットと言いますか、みなさん自分のペースで自由にカリキュラムを進めている感じがあったことと、年齢も近い人が多かったので、もしかしたら仲良くできる人もいるのかなとも思いました。

– そういう横のつながりって心強いですよね!ただでさえ未知の領域に飛び込むから、不安も大きいと思いますし。

そうですね。「ここわからないんだけど、わかる?」とか「最近カリキュラム進んでる?」といったことをお互いに聞きながらやっていました。

– 実際にはどのくらいの期間通われていましたか?

だいたい2ヶ月ぐらいでしょうか。
入ったのは7月の後半あたりで、内定を取ったのは9月の始めくらいでした。

– 結構早い段階で内定取れたんですね!早期離職ってネガティブな面もありますが、一度就職している分自分の向き不向きはわかりやすいですよね。

はい!面談を組ませてもらった時に、この人と合うかどうかというのがなんとなく前職の感覚で分かるようになったので、自分に会う環境は前よりも分かりやすくなったかなとも思います。

– 実際に入って見てから学習面や就職面で不安なことはありませんでしたか?

学習面は何もかもわからないところからスタートだったので、できなくてカリキュラムに遅れてしまうのではないかという不安はありました。なので、初めて課題ができた時は嬉しかったです。

就職面では、IT業界の知識がないと面接の印象はよくないので、受ける会社の概要であったり、インフラ業界全体の知識を調べたりするのは大変でしたね。

面接官が納得できるように説明できることが大事

– 面接が始まった転職活動期で一番印象に残っていることや大変だったことはありますか?

面接では早期退職の理由を聞かれるので、なぜこの状況にいるのかを筋道立てて話すことで、「だから転職したんだね」と面接官に納得してもらわないと、なかなか結果に結びつかなかったので、その点が一番大変でした。

ちゃんとストーリーができていて筋道立っていれば、相手も納得してくれることがわかったので、そこは重点的に練習しました。未経験なのであまり知識を求められませんでしたが、自分がちゃんとここに来るまでにしっかり考えてきているのかというのは非常によくみられていたと思います。

– 面接となるとどんな人も緊張すると思うのですが、その緊張をほぐすための対策というのは、どうしてましたか?

もう緊張してもいいかなっていう感じで、そんなの当たり前だと思うようにしていました。また、だんだん練習しているうちに去年のことを思い出して、「ああ、そういえば、前もこんなこと聞かれたなー」とか、新卒採用の時にやっていたフォーマットがあったので、「ストレス解消法」とか「趣味」って聞かれた時の広げ方みたいなのは、去年使ったものを練り直して、また言ってましたね。

また、将来どういう人になりたいかとかはすごくよく聞かれるので、やっぱそこで業界について調べているのかというのが聞かれますし、人柄とか、趣味だったり、ストレス解消法の話はどこでもしましたね。

– 大体内定が決まる時って、どこも選考が終わる時だと思うのですが、その時に印象に残っている出来事はありますか?

そうですね。やっぱりその時期になってくると、面接の内容も「GEEK JOBでこういった内容を習っていると思いますが、具体的にはどういったことをしていますか」といった技術面での質問をしてくるので、そこで答えられないと、企業様も不信感を抱くのではないかと思っていました。そこで頑張って、GEEK JOBで習ったことを復習して言えるようにしつつ、家でこういう事をしてますといったことを言えれば、真剣に向き合っているのだなと思ってくれて、面接通る事が多かったので、今までGEEK JOBで何を学んで、何を自主的にやったことがあるかっていうのを言えることが大事にしていましたね。やっぱり未経験だと、やる気はすごい見られるので。

– 内定を獲得できた秘訣があると思うのですが、これだっていうのはありますか?

やはりGEEK JOB以外でも自学習を進めていたことやメンターの方との面接練習ですね。メンターの方とは面談を通じてトークスクリプトのアドバイスをもらったりして、話していく中で自分の中でも転職する軸が明確になったなと思います。

5年後転職して良かったと思いたい

IMG_1482 (1)

– 最初は誰しもが新人だと思うんですけど、会社に入ったら、まず何を頑張りたいと思いますか?

最初は全然わからないと思うので、わからなくても、めげないようにしたいです。まずはそれが当たり前だと思って、とにかく続けることが大事だと思います。続けた先で「この分野を極めたい」といったような分野を見つけて、技術者として自分の方向性を見出したいです。

– では最後に、5年後10年後エンジニアに限らず、どんな人生を歩みたいですか?

仕事面では、この時転職してよかったなって思えるようにしたいですね。5年後10年後にはこの業界入ってよかったなって、思えるようになっていたいですね。
他には好きなことに投資できるようになりたいです。そういった面でもエンジニアは良いと思います。
スキルがつけば、その分評価される仕事なので!

– そうですね。ぜひエンジニアとして目標とする道を歩めるようになってもらいたいと思います!
 今日はありがとうございました!

ありがとうございました!

未経験からプログラマーを目指しませんか?
gb_itlp

GEEK JOBではプログラマーに必要なスキルや仕事の進め方を学習でき、初心者からでもITエンジニアとして転職/就職できるまでサポートします。

・短期集中で初心者でも最短22日での転職/就職ができる

・IT業界の採用を熟知したメンターが就活サポート

・わからないことは現役エンジニアに質問できる

文系出身だから、パソコンが苦手だから、といった方も関係ありません。

少しでもご興味がありましたらぜひご覧ください。

詳しく見る

この記事に関するキーワード

この記事の内容について報告する