IT業界に興味はあるけど、どんな仕事をしているのかわからない、なんとなく難しそう、そんな風に思っている方は多いのではないでしょうか?実は、知ってみるとIT業界自体はそんなにハードルの高い世界ではありません。

今回の記事では、そんなIT業界に関わる11の職種についてご説明させていただきます。ぜひ、あなたにぴったりの職種を見つけてください。

IT業界の職種は大きく分けて4種類

開発職

プログラマーなど、開発の業務に携わる人達です。webサイトを作成したり、アプリやゲームを実際に作る技術者サイドの方々を指します。

一般的に想像されるIT業界のイメージといえばこの人たちですよね。

マネジメント職

一般的な中間管理職の他に、開発に関わる管理職が存在するのもIT業界の特徴です。建築に置き換えるとわかりやすいですが、現場監督などのイメージですね。

開発プロジェクトが円滑に進むよう、人員やスケジュール、各開発職メンバーのタスク管理なども行います。

営業・コンサルティング職

主に法人を相手に、自社が開発するwebサービスやソフトウェアをおすすめしたり、そもそもどういったサービスを導入スべきなのかから関わるコンサルティング業務を行ったりなど、顧客折衝をメインに行う人達です。

自分で作り上げる技術は基本的に必要ありませんが、その分ITに関する広く深い知識を求められます。

マーケティング職

IT業界でのマーケティング職は、膨大なデータを扱うのに特化した人たちといえるでしょう。

近年ではIT技術の発展に伴い、10年前では考えられなかったほどの顧客に関する様々なデータを瞬時に集めることができます。そのデータの収集、そして収集したデータの活用がマーケティング職の仕事です。

開発職

システムエンジニア

システムエンジニアは、どんなシステムを作るのかを考える職種です。

なんとなく画面と格闘しているイメージを抱かれがちですが、実際の仕事内容はお客様がどんなものを作りたいかを聞き出すところから、どうやって作るかまでを考え、設計書を書いてプログラマーへ指示をするところまでです。そして、出来上がったものが実際に設計した通りになっているかのテストもSEが行うことが多いです。

家づくりに例えるなら、家を建てたいと考えている人に対して、どんな家に住みたいかを聞き出して、どんな機能が必要なのかを考え、設計図にするまでが仕事ということですね。もちろん、出来上がった家が設計図通りにできているかもチェックします。

開発に関する幅広い知識はもちろん、お客様のニーズを探っていく接客的な能力も必要になる職業です。

システムエンジニアについて詳しく知りたい方は以下の記事も御覧ください。

SE (システムエンジニア) とは一体何か?わかりやすく解説!

プログラマー

プログラマは、システムエンジニアが作成した設計書を元に、プログラミング言語を使って実際にシステムを組む作業 (コーディング) を行う人達の総称で、家造りで例えるとシステムエンジニアを設計士とするならプログラマーは大工さんのポジションです。PC画面と格闘する姿は、みなさんが思い描く「エンジニア」のイメージに最も近いかもしれません。

作成された設計書に対してどのようなものが完成するか、どのくらいの時間で完成するのかはプログラマーの実力に左右され、より完成度の高いものを素早く完成させる姿はまさに技術職といった雰囲気ですね。

バグやエラーを発生させず、より完成度の高いものを納期内で作り上げる仕事ですので、正確性と集中力が求められます。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、データベースエンジニアやサーバーエンジニア、ネットワークエンジニアなど、システムの基盤を扱うエンジニアの総称です。インフラエンジニアの中で、得意分野によって名前がついているイメージですね。

総じてシステムの裏側や土台を扱っていく職種ですので、目立つ職種ではありませんが、そもそもインフラエンジニアが基盤を構築、運用していなければシステムを作ることも動かすこともできないので、非常に重要なポジションです。非常に渋い職種で、縁の下の力持ちタイプの方には向いている職種でしょう。また、大人数での仕事になることも多く、人とコミュニケーションをとりながら仕事をするのが好きな人にもおすすめです。

インフラに関する幅広い知識を身に着けてから、興味のある分野に特化していく方が多いようです。

webデザイナー

webデザイナーは、その名の通りwebサイトのデザインを担当する人です。開発チームには含まれないケースもありますが、今回はこちらでご紹介します。

プログラマーのようにコードを書くこともありますが、よりデザインの能力に特化した職種がwebデザイナーです。使用するのも、「Photoshop」や「Illustrator」などのデザインソフトがメインになっており、プログラミングを行うことは多くはありません。

クライアントの脳内のイメージをデザインに起こしつつ、配色や配置などを専門的な知見からアドバイスしてデザインを仕上げていきます。デザインの知識やセンスはもちろん、コミュニケーションの能力も必要です。

エンジニアについてもっと詳しく知りたい方は

以下のリンク先にてITエンジニア20種を網羅しているので、是非御覧ください。

完全網羅!ITエンジニア20種の仕事内容をご紹介!

マネジメント職

プロジェクトマネージャー

開発プロジェクトが円滑に進んでいくよう予算や人員の選定を行い、プロジェクト全体を管理していくポジションで、システムエンジニアの上位職と言われることが多いです。

システムエンジニアとして経験を積んだ方が、さらに広範囲のマネジメントを担当することでプロジェクトマネージャーと呼ばれる職種になり、一般企業でいう課長や係長クラスの管理職となっています。

システムエンジニアとしての経験はもちろん、より広い範囲を見る視野と強い責任感、そして開発現場の環境改善も求められます。

プロジェクトリーダー

プロジェクトマネージャーと混乱しがちなのがこのプロジェクトリーダーです。

基本的にはこちらもシステムエンジニアの上位職と言われることが多く、プロジェクトマネージャーとの違いとしてはより開発現場寄りの立場だというところになるでしょう。プロジェクトマネージャーが開発プロジェクトを「管理する」職種なのに対し、プロジェクトリーダーは「先導する」イメージで、開発チーム全体に方向性を示しつつ、自分でも開発業務を行うこともあるようです。

プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの上下関係に関しては企業によって差異があり、必ずしもどちらが上とはいえない部分がありますが、一般的にはプロジェクトマネージャーが上位職と言われることが多いです。

営業・コンサルタント職

営業

IT業界にももちろん営業職は存在します。扱う商材は自社が開発したソフトウェアや、インターネット上で使用できるwebサービスであったり、開発自体を代行しますといった提案を行うなど企業によって様々です。

手にとってわかるようなものを扱うことはめったに無いため、形の無いものを言葉でわかり易く説明するため、自社が扱う商品やサービスに関する深い知識が求められます。

もちろん顧客とやり取りする職種なので、コミュニケーション能力も大切です。

セールスエンジニア

営業に加え、技術力も併せ持った職種です。営業的なトーク力も持ちつつ、自社のソフトウェアやwebサービスに関しての技術的な質問にも応えられることが特徴です。

多くの場合は、普段は技術者として開発業務に携わりつつ、営業の際には営業担当に同行してより技術的に深い部分の説明をしています。

基本的にはエンジニアとして経験を積んだ方が、営業力を身に着けてセールスエンジニアになることが多く、逆のパターンは殆ど無いようです。

ITコンサルタント

ITを活用して、企業の経営課題を解決する職種です。システムエンジニアがお客様の要望に合わせてどんなものを作るかを考えるのに対し、ITコンサルタントはそもそもどんなものがあればいいのか、IT活用をしたほうが良いのかというところから関わっていきます。

必然的に、IT技術に関する知識だけでなく、経営に関する知識やデータの活用法など、かなり幅広く専門的な知識を求められます。難易度は非常に高いですが、その分年収もIT業界でトップクラスで、人気も高いようです。

マーケティング職

webマーケティング

自社サイトのPV数や登録者数を増やすため、web上の様々な情報を使って施策を行う人達です。

具体的には、自社サイトを検索上位に表示させるための施策を打ったり、web広告を運用や、自社サイトにアクセスしてきた人がすぐに離れてしまわないようwebサイト自体の改善を行ったりしています。

ユーザーがweb上をどのように動いているかなどを把握するアクセス解析の手法や、ユーザーにとって有益な情報とは何かを見極める専門的な知見を身に着けた上で、集めたデータを基に効果的な施策を常に考え続けています。

データアナリスト

膨大なデータを分析する能力に長けた人たちで、ビッグデータの活用とともに近年非常に注目を集めている職種です。

IT技術の進歩により、以前では扱うことができなかった超膨大な「ビッグデータ」と呼ばれるデータから、さまざまな法則を見つけ出し、ターゲットの動向や将来的なニーズを導き出し、事業の成長や問題解決の手段を考案するのが仕事になります。

データベースを扱う技術はもちろん、事業やマーケットに対する深い理解、データのスペシャリストとして考案した手段をわかりやすくプレゼンする能力も必要になる職種です。

興味のある仕事を見つけたら

今回はIT業界に関わる職種をざっくり11種類に分けてご紹介しましたが、興味のある仕事はありましたでしょうか?

確かに専門性の高い職種が多いですが、最初から身につけていなてればなれないというわけではありません。多くの職種では未経験の方の採用を行っていますし、IT業界は比較的新しい業界ということもあり、転職に対してネガティブなイメージを持つ企業が少ないのでどこかで一度経験を積んでしまえばそこからのステップアップも狙いやすい業界です。

もしあなたがIT業界の職種に興味を持ったのであれば、ITという言葉に尻込みせずに是非チャレンジしてみてください。

初心者からITエンジニアを目指しませんか?
gb_itlp

GEEK JOBではITエンジニアに必要なスキルや仕事の進め方を学習でき、初心者からでもITエンジニアとして転職/就職できるまでサポートします。

・短期集中で初心者でも最短22日での転職/就職ができる

・IT業界の採用を熟知したメンターが就活サポート

・わからないことは現役エンジニアに質問できる

文系出身だから、パソコンが苦手だから、といった方も関係ありません。

少しでもご興味がありましたらぜひご覧ください。

詳しく見る

この記事に関するキーワード

この記事の内容について報告する